アトピーの黒ずみの原因と対策の考え方

 

一度気にしだすとどうしても気になってしまうアトピーの黒ずみ。良いイメージは全くありませんよね。

 

肌全体のトーンが暗く感じる。
透明感がなく、色黒の肌と感じる。

 

普段からスキンケアに気を配っていてもアトピーの場合、どうしても黒ずみや色素沈着に悩まされがちです。

 

黒ずみの原因はメラニン色素

 

おそらくご存知の方も多いと思いますが、シミやくすみ、黒ずみはメラニン色素が肌に沈着する事によって生まれます。

 

女性にとっては肌が黒く見えてしまうメラニンは嬉しくないものと思われるかもしれませんが、実はメラニンは本来「肌を保護する」という重要な役目を持っています。

 

 

メラニン色素は紫外線や、ほこりなどの外部の刺激で発生します。

 

アトピーの人の場合、肌をこする、かゆみで引っ掻いてしまう事も大きな要因ですね。

 

 

また、アトピーの人は本来持っている肌のバリア機能が低下していて、外部からの刺激にとても弱い状態である事が多いです。

 

その為ちょっとした刺激でも肌にストレスとなってしまい、普通肌の人と比べるとメラニンが生成されやすい状態といえます。

 

 

黒ずみの対策は?

 

まず大前提として、長年掛けてできた黒ずみを解消するのは時間が掛かるという事。

 

日常生活でできたものだから、日常生活を改善しないと黒ずみは消えません。

 

また、アトピーの症状が出ている状態では改善する事は難しいといえます。

 

その為アトピーの黒ずみをどうにかしたいのであれば、まずはアトピーの症状を出来るだけ軽減させる必要があります。

 

 

その上で大切なのは日々のスキンケア。あなたの肌に合ったスキンケアアイテムをしっかりと選ぶ必要があります。

 

ご紹介したようにアトピーの人の肌はとっても弱っているので、美白ケア用品をただ使っても黒ずみを改善するどころか逆に肌に合わなくて悪化してしまう事もあります。

 

その為、スキンケアでしっかりと保湿しつつ、美白も出来るアイテムをチョイスするのが賢い選択と言えます。